シェアハウスって何?

大流行のシェアハウス!他人と共存のオシャレ生活

近年、安い価格で広い家に住むことの出来るシェアハウスが流行しています。シェアハウスとは、ひとつの居住地に数多くの人が一緒に住むことをいい、他人との共同生活を送ることなのです。気の合った仲間で一緒に住むこともあれば、一人暮らしの人が部屋をみつけ、初対面の人と生活を送るということも珍しいことではありません。シェアハウスを題材とした番組も始まるなど、進んで住みたがる人もいます。 理由としては、一人で生活するのが寂しい人や、金銭的事情の問題、また、外国人が集まるシェアハウスに住み海外の文化と言葉を学びたいという目的の人もいます。一人では住むことの出来ないような、便利な立地に住めることも利点のひとつと言えます。他人との共同生活を送ることに不安を感じず、逆に賑やかで楽しい!と思える現代の若者らしい新しい住み方なのです。

自分のスペースと共同スペースがあるからストレスのない生活を

そもそもシェアハウスとは、自分のスペースはどこ?と思う方もいると思いますが、多くのシェアハウスでは、キッチン、お風呂、トイレ、リビング、ダイニングなどを共同スペースとして、別に自分の部屋があるという形です。そんなに広くない空間とはなりますが、ベットや私物が置けるような満足の空間なのです。また、共同スペースとなるので、公共料金も格安になることも特徴のひとつです。場所によっては、料理を分担し材料費を後で居住者同士で払いあうといった、本当の家族のような時間を楽しむシェアハウスも存在しています。 ルームシェアと似ているように感じますが、一室の中で大勢で過ごすルームシェアとは違い、自分のスペースが設けられているので、自分一人の時間と仲間との時間を分けて生活することができるという違いがあるのです。