気になるシェアハウス事情

大規模なシェアハウスとは?

シェアハウスは大規模なものだと数百室規模の大型物件もあります。そのような施設は人数も多いですし、共用施設が大変充実しています。楽器を演奏したい人や、歌手志望の人、演劇などで発声練習をしたい人向けに防音スタジオがあったり、ダンス、ヨガなどが練習できる大きな鏡付のスタジオがあったり、屋上にゴルフの練習ができるスペースがあったり、大型キッチンを共有しているので料理をしながら友達づくりができたり、人との出会いが頻繁にあります。1人暮らしではできない、シェアしているからこそ得ることができるメリットが沢山あります。 人が沢山いて刺激になる、楽しいと思う人は大型物件のシェアハウスはお勧めなのですが、静かにしていることが好きな人は小規模なシェアハウスが良いかもしれません。

小規模なシェアハウスとは?

小規模なシェアハウスは家の所有者がシェアメイトを募集していたり、シェアハウス専門の会社が住宅を借り上げて運営・募集を行っていることもあります。住人の人数が少ないために、人との距離が近いかもしれません。シェアハウス専門の会社ではなく個人運営のシェアハウスの場合には、ルールには独自性があり、向き、不向きが割とはっきりしやすいことがあげられます。 細かいところをあげるとトイレットペーパーなどの共有物や、共有部分の掃除などはどうするのかなど住人同士で協力しながら生活しています。同じような感覚の人ばかりであれば問題ないのですが、必ずしもそうではないこともあります。住人の人同士の相性があえばこの上なく心地良い住環境であることは間違いないです。