シェアハウス初心者のための豆知識

独自のルールがあることも

テレビなどでも良く取り上げられるシェアハウス。実際住んでみるとどのような環境なのでしょうか。シェアハウスでは、見知らぬ人と共同生活をすることになります。なので、そのシェアハウス独自のルールのようなものがあったりします。たとえば、友人や恋人を自分の部屋に招くことができないということもあったりするので、シェアハウスに住もうと考えた時は、そのシェアハウスにどのようなルールがあるかということをしっかりと確認しておく必要があります。 中には、門限があるシェアハウスもあります。あるいは、共同生活をしていくため、共用スペースを常に綺麗にしなければいけないということもあったりします。しかし、賃料の安いシェアハウスというのは、こうしたルールが緩い傾向があることも事実です。ルールが緩いということは、一面では良いことかもしれませんが、騒音が酷かったりなどのデメリットもあることを知っておきましょう。

年齢層を意識すること

知らない人と共同生活をするシェアハウスですが、それを覚悟の上で住む人が多いものの、やはり馬の合う人と一緒に暮らしたいものです。その際、ある程度年齢の近い人と一緒にシェアハウスができれば、毎日楽しく暮らしていくことも可能です。いっぽう、年代が違ったりすると、なかなか輪に入っていくことも難しくなって、結局グループに入れなかったりして引越さざるを得なくなるということもあるので、覚えておきましょう。 ちなみに、やはりシェアハウスをする年代として多いのは、20代から30代前半くらいの年代の人が多い傾向にあります。30代後半の人や4、50代の人も住んでいないわけではないですが、かなりレアだと言わざるを得ないでしょう。